読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱きしめ合ったら脇汗

1年ごとテーマの変わる冬眠型もてらじ村民ブログ

いっぱい

 

 

 

 


「昔流行ったろ?元“弁当男子”だからさ俺。まかせてよ」


私は会社で毎日、夫の作った弁当を広げる


「いいんだよ。作るの楽しいんだ」


前の夫に暴力を振るわれ続けた話をしてしまったせいだろうか

そのせいで哀れな女に思われて優しくされているのかと

疑ったりもした

 

そんな私の疑心なぞおかまいなしに、夫はただただ明るく、私に優しかった

 

夫の作る弁当は、濃い味付けの好きな私には少し薄かったけれど、弁当箱を開けた瞬間に分かるほど、それには愛情が詰まっているのが分かった

 


年老いた両親や兄弟、仲良しの友人数人は、前夫との暴力の事を知っている分、今の夫をとても気に入って

「よかった。本当によかった」

と涙を流して喜んだ

 

 

私の暗めの性格からは、夫は太陽のように見えた

 


毎日毎日、優しく、眩しい日々が続いた

 

毎日

毎日

夫は眩しく

弁当からは愛情が溢れていた

 

毎日

毎日

幸せは続いて

夫はずっと明るくて

 

 

ある日私の心は
いっぱいになった


何かで、いっぱいになった

 


何かでいっぱいになった私は
誰もいなくなったお昼休みの社内で

 

夫が作った弁当の中身を
ゴミ箱に捨てていた