読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱きしめ合ったら脇汗

1年ごとテーマの変わる冬眠型もてらじ村民ブログ

陽だまり

2015年『創作ショート』

 

 


「自分が価値のある人間かどうかだなんて、
 80過ぎたこの年になったって、分かりゃしねいよお。
 だから、いいんだ。お前さんもそのまんまで。」


おばあちゃんはそう言うと、
さりげなくチョキにした指を、

「火の国熊本!!!」

と突然叫びながら、僕の両目に突っ込んだ。


その衝撃で、
僕の肛門に入れてあったゴルフボールが
夕陽の射す縁側に転がった。

 


気がつくと、僕の顔の上で、
家族が顔をのぞかせていた。

「あ、気がついた」

「よし、母さん。あのレンコンにからしを詰めてくれ」

「はいはい。ジャスミンのつぼみは、夕方に開きはじめますからね」

 


僕はうつろな意識の中で、

(そうか。思い出をたくさん作るのが、人の一生なのか)

と、少しだけ何かが分かった気がした。