読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱きしめ合ったら脇汗

1年ごとテーマの変わる冬眠型もてらじ村民ブログ

カルピス

 

 

 

授業中、僕から白い液体が飛びだした。

それは生きているみたいに、ずうっと伸びて、あの娘の口に入っていった。

 

まわりのみんなは、見えていないみたい。

黒板を見たり、ノートを見たりしてる。

 

そして、あの娘の喉が(コクッ)と、動いた。

 

その日から僕は、どんな時も、あの娘が今どの方向にいるのかが分かる。

小さい時も、大きく膨らんだ時も、必ず勝手に、あの娘がいる方向をピンと指し示すようになったからだ。

朝、下腹部に鈍痛が走る時は必ず、あの娘の家と反対の方を向いて寝ていて、お尻から先っぽが出ていて、イヤというほど、タマを圧迫している。


僕は、あの娘に、そんな状況を話すことにした。

放課後、あの娘を外に呼び出す。


説明し終わると彼女は少し笑って、
綺麗な一本背負いを僕にキメてから、

「やっぱり、カルピスって原液が一番だから」

と言い、僕の手を引いた。