読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱きしめ合ったら脇汗

1年ごとテーマの変わる冬眠型もてらじ村民ブログ

テンゴク

2015年『創作ショート』

 

 

「まあ、今さら失うものも無いから、話すけど。

あのさ、たい焼きでよく、頭から食べる派とか、尻尾から食べる派とかいう話、するでしょう?

僕の定番はね、握り潰して出たあんこをち○こに塗って、手を使わずに食べるやつなんだけどさ、

ある時ムリして、もうちょっと根本の方まで食べようとしたら、首の骨が折れちゃったんだ。」

 

話し終えると、目の前のイスに座って聞いていた、小柄な上に童顔のせいで、化粧が全然似合ってない仏頂面の女の子は、
意外にも可愛らしい笑顔を見せた。


笑顔は魅力的だったが、笑われたら何だか急に、間抜けすぎる自分に嫌気がさしてきた。

今すぐこの場から去りたい衝動をこらえて、とりあえず女の子にもココに来た経緯を尋ねると、

 

「あ、私はあのー…バイブを2つか3つくらい同時に使ってたんですけど、そのうちの一番おっきなやつを、もうちょっと強力にしたくて、先っぽ入れたまま配線いじってたら、感電しちゃって。」

 

 

…僕はひとつ大きな息をついてから上を見上げて、

あの世って意外にいい所だと思った。