抱きしめ合ったら脇汗

1年ごとテーマの変わる冬眠型もてらじ村民ブログ

【第10の門】かねき

 
 
 信濃の國のどこか。
その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。
月に二度だけ現れる大柄の門…
 
-------------------

 

 

 

オムライスのことを考えると、オムライスでしか満たされなくなってしまう。

 

子供が好きかとおもいきや、おじさんだって実は大好きオムライス。

そして、信州にてうっかりオムライスの口になってしまった時、まず頭に浮かぶのが、須坂市の駅前にある、『かねき』だ。

 

f:id:otoshita:20171021202249j:plain

 

騙されたと思って入って欲しい名店だと、僕は思っている。

まずこの値段を見てください、オムライスが560円ですよ、消費税8%になって久しい2017年の今時に!

f:id:otoshita:20171021202335j:plain

メニューに「ミニ」という言葉がわざわざあることにお気づきだろうか。

そう、普通に560円のオムライスを注文すると、こんな量が出てきてしまう。

f:id:otoshita:20171021202405j:plain

写真では伝わりづらいけれど、560円の量じゃない。

そして、、、うまい。ぜんぜん奇をてらってもない、普通のオムライスだが、うまい。卵を3つくらいふんだんに使ってジューシーに仕上げたりなんかしてないのに、すごく食べやすいオムライスだ。

オムライスのご飯は、ドライ系とウエット系に大別できるが、ここのはウエット系。

f:id:otoshita:20171021202433j:plain

 

 

 

そしてここは大柄の門なので、オムライス大盛りの画像もちゃんと貼っておきますが、

すごいよ?これ。

f:id:otoshita:20171021202453j:plain

 

変わり種の、みそオムライスの大盛りも食べた。もちろん別の日に。

これがまた、不思議なおいしさ。かねきは何気に味噌メニューが豊富。甘めの味付けが好みならどれも美味しく食べられると思う味。

f:id:otoshita:20171021202604j:plain

 

豆乳スープのトッピングなんてのも、ある。

アホかと思われそうな花柄のフィルターをうっかりかけてしまった写真しか残っていなくて軽く気絶したくなったが、実はここのオムライスで一番好きな味なので載せる。

f:id:otoshita:20171021202619j:plain

 

そして、味の想像ができそうなカレーオムライスも大盛で食べた。

これが、予想を裏切るおいしさでびっくり。カレーライスはもういらない、ってなった。かねきのカレーオムライスが食べたくなったら他の店で満足できるんだろうか。。。

f:id:otoshita:20171021202700j:plain

 

 

中のカレーピラフの時点でもうおいしいの。

f:id:otoshita:20171021202721j:plain

 

 

 

で。

ここがいい店なのは、オムライスだけじゃない。

カフェ、ではなく、喫茶店、といった風情の品々が落ち着いていただける雰囲気が良いのだ。

f:id:otoshita:20171021202747j:plain

 

 

今回も、満足しました。

帰りに改めてディスプレイを見たら、とても綺麗に保たれていた。好印象。

f:id:otoshita:20171021202822j:plain

 

 

 

 

さて。

かねきは、素晴らしい店です。

信州に来たら、ぜひここの何の変哲もないけどうまいオムライスを食べて欲しい。

 

しかし実は、もう一つ楽しめる要素を秘めている。

それは、かねきは廃墟寸前の施設に咲く、一輪の花だということ。

 

意味は、かねきから一歩出て『ショッピングセンターパルム』という街を歩いた瞬間にお分かりいただけると思う。。。この気持ちイイほどのシャッター商店街を。

f:id:otoshita:20171021202850j:plain

子連れの親子も、振り向いたらゾンビなんじゃないかとさえ思ってしまう程の雰囲気を醸し出している。夜はきっとまたレベルがぐっと上がるはずだ。

 

この日は、まだ営業している数少ない店舗の前に、段ボールが置いてあった。

猫でも入っているのかと思ったら、ハンガーだった。

f:id:otoshita:20171021202915j:plain

とりあえず、木のハンガー2つ、持ち帰った。ハンガーヌンチャクができるタイプの、いいやつだった。よし。これで刑事物語よろしく、耳の不自由なソープ嬢を守ってあげられるだろう。最後は田中邦衛に託すとしても。ええかげんなやつじゃけん。

 

 

そんな吉田拓郎の歌よりも、遥かに、ええかげんなやつが書いたと思われるものが、ショッピングセンターパルムのトイレにはあるので、余裕のある方はどうぞ。

f:id:otoshita:20171021202940j:plain

 

 

 

いかがでしたでしょうか、かねき。

そして、ショッピングセンターパルムは。

 

かねきとセットで、パルムを楽しんでいただけたらと思います。

余裕があれば、あの暗いシャッター街を奥に進むといいかもしれません。

 

 

だって、パルム内には実はもう一店舗、名店と呼ばれる店があるのですから、、、でもそれはまた別の機会に。。。

f:id:otoshita:20171021203020j:plain

 

 

 

 

 

かねき
火休
1130-20 
 Pあり
須坂駅より徒歩2分
 
 
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
さて締めは並行企画の
半年で腕立て伏せ100回への道
 
企画説明はこちらから

otoshita.hateblo.jp


 
 
計測11回目。前回は43回
 

youtu.be


 
【結果】
前回の体重 63.2kg (10/7) 
今回の体重 65.0kg (10/21) +1.8kg
〔目標体重まであと4kg〕
 
前回の腕立て伏せ 43回
今回の腕立て伏せ 41回 -2  
〔100回まであと59回〕
 

 

あっ、ダメだ。確実に大柄になってきてる・・・
 


次回、第十一の門へ…

 

【第九の門】信州ジンギスカン街道

 

 

 
 信濃の國のどこか。
その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。
月に二度だけ現れる大柄の門…
 
-------------------

 

ジンギスカン、と聞いて、信州をイメージする人が、この日本にどれだけいるだろうか。

たぶん、全然いない。

 

ジンギスカンは、ダントツで北海道と強く結びついているはずだ。

そんな羊肉大帝国に、猛然と立ち向かう、孤高の狼がいた。

 

それが、電車も通っていない信州の山間に位置する、信州新町という名の町である。

ここには通称、ジンギスカン街道という街道があり、街道沿いにはジンギスカンを提供する店がいっぱいあるのだ。

 

せっかくなので今回はその中から2軒紹介してみようと思う。

まず一軒目は、その名もジンギスカン荘』という、ネーミングに直球を求める一部のファンが大喜びしそうな、スカッと潔い名前である。

 

『喫茶ナポリタン』とか、『居酒屋のんべえ』みたいな方向だ。

その昔、『卓球の宿 ラリー』という宿があったらしいけれど、コンセプトがそのまま名前となっている。実に合理的。もし、ジンギスカン荘に来て、「うちはジンギスカン置いてないんですよね…」ってことは、まずありえないはずである。

 

ということで、暖簾をくぐる。

f:id:otoshita:20171006101444j:plain

 

 

戦後間もなく始めたお店で、歴史を感じる反面、店内はキレイで、眺めもいいし、いつもあまり混んでいない。この日もだだっ広い座敷には、僕らの他にもう一人いるだけだった。

f:id:otoshita:20171006102117j:plain

 

サフォークという名をご存知だろうか。品種改良された、顔の黒い羊で、臭みがないのが特徴。下手したら牛肉や豚肉よりクセがなかったりするので、羊っぽさが好きかどうかが好みの分かれ道になる。

ここのメニューは全てがサフォーク種だし、あまり悩む必要がない。ジンギスカン荘に牛肉を食べに行こうという人はまずいないだろうし、メニューもシンプルで、昼も夜も値段は変わらない。

f:id:otoshita:20171006102124j:plain

 

 

いつもはジンギスカン定食1300円にするのだけれど、今日はせっかくなので、ラムロース800円+ご飯セット300円を注文してみた。

f:id:otoshita:20171006102129j:plain

 

 

ジンギスカン街道の中でも、炭火焼きの店と、ガスの店とあるが、ここは炭火だ。

炭火なので、普通の穴の開いてないジンギスカン鍋だと意味がないから、穴があいているタイプ。他ではあまり見たことがないので、炭火でジンギスカンを食べられる店って意外と少ないのかなぁ…

f:id:otoshita:20171006102156j:plain

 

 

 

はい!到着しました。この日同行した友人が注文した、ジンギスカン定食のジンギスカンが、これです。信州新町ジンギスカンは、このように林檎やら玉葱やらのつけだれで漬け込んだジンギスが一般的なんですよね。

 

北海道では違うらしいじゃないですか。このブログが参加してるもてらじ村民ブログの主催であるぶたおさんに聞いて、初めて知りましたよ!

f:id:otoshita:20171006102203j:plain

 

 

 

 

こちらが僕の注文した、ラムロース。北海道はこっちなんでしょう?肉が切ってあるだけのやつ。僕にとって、いや、信州人にとってはこっちは珍しく思えるはずだ。

ジンギスカンください」と注文してコレが出てきたら

「え?これジンギスカンですか?」と聞きたくなるはずである。

f:id:otoshita:20171006102210j:plain

 

ごはんセットも届いて、こんな感じ。美味しくいただきました! 

f:id:otoshita:20171006102229j:plain

 

 

 

そして、ジンギスカン荘に来たら確認して欲しいのが、割り箸のウラだ。

なぜかかあさんの歌が3番までしっかり書かれている。理由は謎。

f:id:otoshita:20171006102222j:plain

 

 

 

 

ランチで1300円はちょっと予算が…という方のために、2軒目の紹介に入ろう。

『むさしや』という、スーパーにジンギスカンのパック詰めをおろしている店の直営店だ。

f:id:otoshita:20171006102411j:plain

 

 

こちらは、先ほどの落ち着いて食せるジンギスカン荘とは違い、土日は30分くらい待たないと入れないほど混んでいる。この日も僕は一人で30分待った。混んでる焼肉屋に昼間っから30分も一人で待つ心境は、なんだか切なくもあった。

f:id:otoshita:20171006102415j:plain

 

 

まわりがほぼ家族連れの中、一人の僕がようやく通されたテーブルで、メニューをのぞき込む。

f:id:otoshita:20171006102425j:plain

 

 

この店は、サフォークラムが780円という安さで食べられる。野菜付き、ごはんは別。

普通のマトンも選べるのがいいところ。こちらは630円と更に安い。

f:id:otoshita:20171006102429j:plain

 

もし大人数で来たら、このページの満ぷくお得品を頼むといっぱい食べられて楽しい。

おととしの冬、中国人の家族を二組、総勢5人をこの店にお連れしたことがあったのだけれど、大変喜んでくれた。「中国は今、こんなに美味しいものを、今日みたいにたくさん食べたら、何倍もお金がかかります。すごく安くておいしい。いい店だよ、ありがとう」とおっしゃっておりました。日本はもはや、物価が安い国になったということでしょうかね。

f:id:otoshita:20171006102430j:plain

f:id:otoshita:20171006102434j:plain

 

 

あと、ここは実は牛肉もある。羊肉が食べられない人が団体の中に一人いても安心!?

f:id:otoshita:20171006102436j:plain

 

 

お持ち帰りもできます。

f:id:otoshita:20171006102442j:plain

 

僕はジンギスカンと別に、ライスも注文。

f:id:otoshita:20171006102438j:plain

 

 

 

 さあ来ましたよ!サフォークラムジンギスカン780円!

f:id:otoshita:20171006102450j:plain

 

この日はお腹がそんなに空いてなかったので、ごはんは小で。

f:id:otoshita:20171006102454j:plain

 

 

この店は、炭火ではなく、無煙ロースターで焼きます。

ジュ―!!うめー!

f:id:otoshita:20171006102500j:plain

 

 

 

 

ということで、ランチの焼肉、このお値段で美味しくいただきました。お値打ちでしょ?

f:id:otoshita:20171006102508j:plain

 

 

お会計のレジで、花のくちづけをもらえます。

f:id:otoshita:20171006102509j:plain

 

 

 

せっかく信州新町に来たので、スーパーに寄りましたら、やはりあるんですね!

f:id:otoshita:20171006102523j:plain

f:id:otoshita:20171006102520j:plain

決して、安くはないよね!

f:id:otoshita:20171006102530j:plain

 でも種類あるなあ。さすがですね。

 

 

 

 

いかがでしたか?信州新町の、ジンギスカン街道。

大柄が団体で訪れても、きっと胃袋を満足させてくれますよ! 

 

 

 

 

ジンギスカン荘〕

第1.3月休

11-20LO

P15

最寄り駅なし!

 

〔むさしや〕

月休

1100-2030LO 

 P30

最寄り駅なし! 
 
 
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
さて締めは並行企画の
半年で腕立て伏せ100回への道
 
企画説明はこちらから

otoshita.hateblo.jp

 

 

計測10回目。前回は39回

 youtu.be

 

【結果】
前回の体重 63.8kg (9/20) 
今回の体重 63.2kg (10/7) -0.6kg
〔目標体重まであと2.2kg〕
 
前回の腕立て伏せ 39回
今回の腕立て伏せ 43回 +4  
〔100回まであと57回〕
 

 
次回、第十の門へ…

【第八の門】草笛

 

 信濃の國のどこか。
その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。
月に二度だけ現れる大柄の門…
 
-------------------
 
秋。
いわゆる『新蕎麦』と言われる季節。
 
そばが盛んでない地域の方々には馴染みが薄いかもしれないが、
信州では蕎麦の収穫が終わった頃から、蕎麦屋ののぼりに「新蕎麦」
なんていう文字があちこちで見られるようになるので
 
(そうかあ、もうそんな時期なのかぁ)
 
と、季節を知らせてくれる新蕎麦。ということで今回の門はお蕎麦だ。
と言っても、訪問時は新蕎麦の直前の時期だったので、新蕎麦ではなかった。
 
でもここだけの話、僕には同じ店のいつもの蕎麦と新蕎麦とを食べ分ける舌がない。
同時に提供されて「さあどっちが新蕎麦でしょうか!」とクイズを出されたら
「わかんないけど、どっちもうまい!」ってなると思う。。
 
 
第二の門にて、信州の東側に位置する上田市『刀屋』を紹介したが

otoshita.hateblo.jp

今回も東側、東の信州と書いて東信(とうしん)エリアの門に行こうと思う。
 

 


『佐久の草笛』というお店だ。
このお店は、小諸市発祥?の「信州蕎麦の草笛」という店の一店舗で、
本店の小諸市の他、長野市上田市あたりにも店舗を構える人気店だ。
 


その中でなぜ、佐久市の店舗を紹介するのかと言えば、理由が3つある。
1つ目は、佐久平駅から徒歩1~2分と近く、高速道路の佐久北ICからも車で5分程度と便が良いこと。
2つ目は、この店舗だけ夜の営業をしていること。
そして最後の一つは、後で写真付きで説明しますので、しばしお待ちを。
 


さて、草笛は人気店なので、休日はもちろん、平日も混んでいる。
ランチのど真ん中には行列を覚悟した方がいいけれど、店の提供が早いのと、席数が豊富なのと、フレンチとかではなくお蕎麦であるから、回転は遅くない。

 

どの店にもこの【吾唯足知】のロゴがある。

f:id:otoshita:20170918124714j:plain

吾唯足知(われただたるをしる)は、実にいい言葉なので、僕は好きだ。

足ることを知れば、いつも穏やかでいられる気がする。

「貧しい人とは何も持ってない人ではなく、多くを持ちながら、まだまだ欲しい、と満足できない人のことです」と禅寺の和尚さんも言ってました。

 

しかしながら、店の前にデカデカとこのメッセージを掲げる草笛にて蕎麦を食った後に「まだまだ欲しいよぅ!」となる人は、ほぼ皆無であろう。

 

半端ではない。文字通り、半端、ではないのだ。

メニューの左側に「各種〇〇盛」と書かれており、小盛が-80円、中盛でなんと+400円、大盛は610円増しである。

f:id:otoshita:20170918124709j:plain

 

せっかく大柄の門なので、大盛610円増しをいきたいところだけれど、僕は知っているから。。あの光景を知っているから・・

「すみません、もりそばを中盛でお願いします」

 

ということで、僕がひよった理由が分かるであろう、もりそば中盛の映像がこちら。

youtu.be

どうですか大柄の皆様。ワクワクしてきませんか?

自分よりも強い敵と戦うことになった少年誌の主人公たちのようにワクワクしてきませんか!え?味ですか?…ウマイんですよそれが!!キリッとした蕎麦、鰹出しの効いたつゆ!

f:id:otoshita:20170918132330j:plain

蕎麦は好みの世界とはいえ、ここの蕎麦が「まずい」と感じる人はまずいないはず。それほどの味レベルで、この値段で、この盛りです。これでワクワクしない大柄は、蕎麦アレルギーか、幼い頃から毎晩、蕎麦の化け物が両親を八つ裂きにする夢ばかり見てきた大柄でしょう。

 

底上げ?ナイナイ。そんなの。f:id:otoshita:20170918132451j:plain

 

この中盛で蕎麦の重量はすでに700gあり、中盛から210円ばかり足して大盛なんぞ注文した日には、いきなり1.2kgに跳ね上がります1200gの蕎麦を食い続けるマシンになれます。

 

 

ちなみにこちらが、一緒に行った後輩が頼んだ海老天ぷらそば。

f:id:otoshita:20170918132629j:plain

いいですよね、あったかい蕎麦もまた。

 

 

さて、実はメニューがもう半ページありまして。

そのメニューが、草笛の店舗の中から【佐久の草笛】を選んだ理由の三つ目。
そう、佐久周辺は、鯉を食べる地域なので、鯉のうま煮があるんです!

f:id:otoshita:20170918133101j:plain

鯉のからあげと、鯉のあらいもありますね。

と言っても、僕はこの店ではまだ食べてないです。でも鯉のうま煮はおいしいですからねえ…食べた事のない方は是非試してみてはいかがでしょうか。

f:id:otoshita:20170918124645j:plain

基本のもりそばもいいですが、ここのくるみ蕎麦も美味しいですよ!

ごちそうさまでした。今回も足るを知りました。

 

 

無休
1100-1500 1700-2000 
 P40
佐久平駅より徒歩2分 
 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

さて締めは並行企画の
半年で腕立て伏せ100回への道
 
企画説明はこちらから

『大柄の門』企画説明 - 抱きしめ合ったら脇汗


計測9回目。前回は42回

youtu.be


【結果】

前回の体重 63.6kg (9/7) 
今回の体重 63.8kg (9/20) +0.2kg

〔目標体重まであと2.8kg〕
 
前回の腕立て伏せ 42回
今回の腕立て伏せ 39回  -3

〔100回まであと61回〕
 

うわああ!!太って、筋肉も落ちた!!うわー最悪!

 
次回、第九の門へ…

 

【第七の門】福源バイキング

 

 信濃の國のどこか。
その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。
月に二度だけ現れる大柄の門…
 
-------------------

 

年に一度くらい、焼肉を思いっきり食べたくなる時がある。

 

にんにくをがっちょり、コチュジャンもがっちょりと、タレに溶かして

サンチュにくるりと巻いてほおばるマシーンと化したい時が。

 もちろん、白ごはんを焼肉と共にほおばり、口の中でワルツを踊らせるのもいいだろう。

 

でももし。もしも、焼肉屋にてお値段を気にせずに済むのなら、

サンチュや白飯で薄めずに、贅沢に肉の味だけをもぐもぐ・・・もぐもぐと、しみじみ堪能するのも悪くないのでは?

 

 

ということで、年に一度は必ず来ることにしている焼肉屋、

安曇野市にある『福源バイキング』にやってきた。

f:id:otoshita:20170907144039j:plain

 

 

 じじいみたいな事を言うようだけれど、20年前くらいの、いわゆる焼肉食べ放題における肉は、決して美味しくはなかった。でも若い男子は量より質みたいなところもあるので、バイキングにてモリモリと食していた。
 
しかしそうして酷使した消化機器から、次第に消化不良という反撃を浴びるようになり、泣く泣く量をセーブする。するとやはり、質が欲しくなった。
 
でも、高級な肉である必要はまったくなかったのだ。
だって、そうは言ってもお肉をたくさん口にほおばりたいじゃないですか。
筋張ってもおらず、そこそこに柔らかくて味も良く、かといって油が乗りすぎず、しかも安く、なんてお店があるわけないよねー!
 
なんて思っていたら、その全てが叶う店があった、というわけ。
そのお値段なんと、90分で一人1580円くらいだったと記憶している。(安っ!しかもカルビがなんていうか・・・ちょうどいい!うおお半端じゃない!)となり、通ったものだが、数年前に一気に1000円程度の値上げを敢行!

現在は税込み2570円に。そんなメニューはこれだ!

f:id:otoshita:20170907144124j:plain

 

 

欲しくなったら注文するものと、バイキング形式で常に置いてある2タイプに分かれている。まずはバイキングの方から見ていこう。

 

はっきり言って、僕の目当てはここのカルビと、中落ちカルビの2つだけだ。

全てのメニューを食った結果、そう落ち着いた。。。。はずなのだが、

とにかく僕は目の前に料理があると我慢できない呪いがかかっているので、

今回もはやり少しづつお皿に持ってしまう。

f:id:otoshita:20170907144154j:plain

 

 キムチや、ザーサイ、サンチュあたりをせっせと更に盛りつけた後には、筋肉の煮込みと、煮卵と角煮の凶悪ゾーンが待ち受けている。ここでうっかり煮卵と角煮を取ってしまって、肝心のカルビがあまり食べられなかった過去がどれだけあっただろう・・・

f:id:otoshita:20170907144228j:plain

 

そして、値上がりしてから、焼売と肉まん、さらに謎の綿あめゾーンも新登場した。

f:id:otoshita:20170907144304j:plain

 

 

カルビスープと、チャーハンは、以前は注文制だったけれど、今は炊飯器に常備されていて、

f:id:otoshita:20170907144315j:plain

 

その横には、焼きそばに白ご飯、エビチリに麻婆豆腐という、カルビなんぞを食わせずに腹いっぱいにして差し上げますよトラップが待ち構えている。

f:id:otoshita:20170907144317j:plain

 

 

そして何気にたべたくなっちゃう、市販のアイスコーナー。

夏の暑い時なんかは、まずアイスで乾杯!なんてやっちゃいそうで怖い。90分の中でなら、いくら食べても良い。

f:id:otoshita:20170907151319j:plain

 

 

 

そんなバイキングゾーンの誘惑に打ち勝った頃には、注文しておいたお肉が届く。

塩とタレが選べて、下の写真は中落ちカルビの塩だけれど、僕は全体的にタレの方が美味しいと思っている。

f:id:otoshita:20170907144405j:plain

 

 

 

中落ちカルビのタレが、コレ。すでにちょっと食べちゃってあるけど。

f:id:otoshita:20170907144444j:plain

 

 

で、カルビがこれ。今回はなんか、脂身の塊部分が多かった気がした。

f:id:otoshita:20170907144514j:plain

 

 

骨付きカルビも、たまに頼んだりする。豪快に食らいつこう。

f:id:otoshita:20170907144513j:plain

 

 

 

今回もうっかりと取ってしまった焼売と肉まんを前に、さあ焼いていくぞ。

f:id:otoshita:20170907144542j:plain

 

 

 

ジュ―

f:id:otoshita:20170907144554j:plain

ホイルの中身は、にんにく。もう明日臭くてもかまわない。年に一回だもの。

 

そして僕は阿呆なので、毎回途中で杏仁豆腐とか、甘いものをつい食ってしまう。 

f:id:otoshita:20170907144616j:plain

 

 

 

そんなこんなでお腹いっぱいになったが、この記事を読んだ方のために耳より情報がある。それは、福源のバイキングコーナーのパイナップルはうまい。ということだ。てっきり缶詰だと思って手をつけていなかったが、最近これが生パイナップルであり、しかも甘くて柔らかく、筋張ってもいない、『デキルやつ』だということが判明!

f:id:otoshita:20170907144615j:plain

肉の途中に食べることで、口がサッパリとするだけでなく、パイナップルは消化を助けてくれる。パイナップル 消化 とかで検索してみれば、お分かりいただけることと思う。これを途中、食後とモリモリ食うことによって、腹いっぱいにカルビを食っても具合が悪くならないのである!すごい!

 

 

 

そんな風にして、90分間のラブゲームを終えて店を出ると、あたりはすっかり闇に包まれていた。

f:id:otoshita:20170907144619j:plain

 

90分でも胃が満たされない大柄は、10分単位で延長もできるので、是非くぐりに来てはいかがだろうか。

 

火曜定休 (祝祭日は営業)
1700-2400 LO2230
 
柏矢町駅より徒歩9分 
 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

締めは並行企画の
半年で腕立て伏せ100回への道
 
企画説明はこちらから

『大柄の門』企画説明 - 抱きしめ合ったら脇汗


計測8回目。前回は42回。

youtu.be
【結果】

前回の体重 62.4kg (8/26) 映像撮るの忘れた・・・
今回の体重 63.6kg (9/7) +1.2

〔目標体重まであと2.6kg〕
 
前回の腕立て伏せ 42回
今回の腕立て伏せ 42回  +0

〔100回まであと58回〕
 



 
次回、第八の門へ…

 

【第六の門】とりしん

 

 信濃の國のどこか。
その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。
月に二度だけ現れる大柄の門…
 
-------------------

 

肉。

肉はうまい。えらい。

 

大柄の門は、肉ばっかりと言われるかもしれない。

でも、美味しいから仕方ないじゃない。。。

だから今回もお肉、そしてジャンルは『焼き鳥』だ!

 

「焼き鳥って嫌いなのよね」

って言ってる人を僕はまだ見たことがない。

 

焼き鳥をお土産に持って行って、

「おばあちゃんがまたニシンのパイ持ってきたのぉー!…あたしこのパイ嫌いなのよね」

のように、不評を買ったという話も聞いたことがない。

 

みんな大好き焼き鳥。

だが、お酒とセットな感じがあるので、体質的にほぼ酒の飲めない俺は、いわゆる焼き鳥屋に行く機会がない。

 

そんな僕ですら行ってしまう魅惑の焼き鳥屋が今回の門『とりしん』だ。

僕はここのネギマの葱のとりこ。最高にうまい。

f:id:otoshita:20170826144839j:plain

ここのネギマは胸、ネギ、モモ、モモ、ネギ、胸と、肉が混合になってる。

珍しくないですか?

しかも、写真で伝わらないけれど、その辺の店の二倍はあろうかというデカさなのである。

 

 

そして大将が、坊主頭にねじり鉢巻。
もう、焼き鳥屋さんにあるべき見本のようなお姿をしてらっしゃって。

坊主頭 鉢巻 炭 ときたら焼き鳥しかないですよね。うんうん。

 

そんな大将は、他人に焼かせない。

一人で焼ける量を、付きっきりで焼く。

はい、ここで問題です。一人しか焼かずに、鶏肉がでっかいとどうなるでしょうか?

 

答えは、出てくるのが遅い!そりゃそうなりますよね。

焼き鳥の一本目が出てくるまでに、生中二杯くらい軽く飲み干しちゃいます。

呑めない僕は、コーラとウーロン茶くらいは啜ることになる。

だから、お通しの豆腐とか、生キャベツなんかを注文しておくとベターだと思う。

f:id:otoshita:20170826145344j:plain

奥にグレープフルーツが見えるだろうか。

とりしんはなぜか、グレープフルーツサワーだけ、生のグレープフルーツを使うのだ。

グレープフルーツサワーと焼き鳥がうまい。そんな不思議な一面もある。

 

ちなみに、コーラもすごい。微炭酸である。「あれ?これ気が抜けちゃってるや…すみませーん!」と店員さんを呼び、目の前で瓶コーラの栓を抜いてもらったことがある…微炭酸だった。おんなじだった。それ以来いつ行っても、コーラ特有の激しいシュワシュワ感のない瓶コーラが安定して味わえる。


あ、そうそう。ここの焼き鳥は、全部塩。

タレもあるらしいけれど、まず一通り食べてみてからでも遅くない。

ちょっと塩が強めの味付けだが、とにかくうまい!でかい!

伝わらないけど、 手羽先はこんな感じ。実物おっきいよ。

f:id:otoshita:20170826145037j:plain

 

まだまだ快進撃は続く。 

遅い!うまい!でかい!に加え、更にコンボが乗るのだ。

それは、安い!

 

「おまかせ」ってメニューを頼みますと、
6本で630円っていう、破格のお値段。なんと、消費税8%の時に値上げをしなかったのだ!大丈夫なのか?


この美味しさでこのでかさで、一本105円っていうのはすごい。
食えば分かります。すごさが。大将は商売で儲ける気がないのかもしれない。

  

おまかせ630円は、日によって違うけれど、さっきのネギマ、手羽先はたいてい入っている。

あとは
軟骨↓とか

f:id:otoshita:20170826144703j:plain

ハツ↓

f:id:otoshita:20170826144718j:plain

このハツがまたすげーうめーの。食べてほしい。このハツを!

あと写真撮ってないけど砂肝あたりが出て、最後に野菜串が出て、計6本。

 

昔、焼き鳥の盛んな福岡県に住んでましたけど、
こんなにうまくてお得感のある焼き鳥屋はなかった!
断言できます。うんうん。

 

福岡はそもそもこの店のように、メニューに米など一切ないような、焼き鳥だけを出す店がなかった。

「東京の焼き鳥屋って、焼き鳥だけらしいっちゃん…」

「ええっ!?一緒にお刺身とか食べれんと?他の食べたい時はどうすっとよ?」

「我慢?」

「イヤやー!!」

みたいな福岡県民の会話を、実際に何度も聞いたものである。

 

関西や、四国、中国とかはどうなんだろうか。焼き鳥屋と言えばほぼ焼き鳥メニューだけの文化なのか、それともいわゆる『炭火焼肉がウリの居酒屋』的なものが主流なのか、気になるところだ。


あと、おまかせにはあまりラインナップされてないので
必ず単品で頼むメニューがこの「ささみ」

f:id:otoshita:20170826145107j:plain

 これはファンが多い。

中が半生になっていて、とっても柔らかく仕上げてあり、上にはわさびが乗っている。

僕はわさびが効きすぎるので半分取って食べるとちょうどいい。こんなウマイささみの焼き鳥はここ以外で食べたことがない。信州はわさびの産地でもあるが、ささみに乗っているのは生わさびではない。そりゃそうだ。一本105円で生わさびなんて高級品使えるわけないものね…。でも一度生わさびで食べてみたいものだ。

 

ちなみに単品での注文は、130円くらいになる。

そう考えると、一本あたり105円の『おまかせ』のお得感たるや。

 

飲み物を2~3杯飲んで、おまかせを一通り食べ終えた頃には時間もかなーり経っているので、「じゃあそろそろお会計お願いしまーす」なんて言うと、「えっと、2000円です」なんて言われる。酒の値段は安いってことはないけれど、とにかく焼き鳥の満足感がかなりあるので(え?安くないか?)という印象をきっと持ってもらえることと思う。

 

そして最後にひとつ。忘れてならないメニューがある。

レバーだ!

f:id:otoshita:20170826145141j:plain


はー。まいったね。これがね、もうね、うまい!最高。

火加減がすごい。ボソボソ感がなく、しっとりとレバーのうまみを感じられる一品だ。レバー苦手じゃなければ是非食べて欲しい。

 

 

帰る時には、大将が「ぁしたっっ!!!」とかしわ手を打ってくれる。

「パンッッ!!!」と響く、その音色を聴いて、帰路に就くのだ。

 

 

ちなみに、このとりしんは駅前にあり、その駅前商店街付近にて9月に、年に一回、4時間だけ開催されるイベントがある。

昨年のこのブログでも紹介した『三蔵呑み歩き』だ。

otoshita.hateblo.jp

このブログも参加しているもてらじ村を主催?しているBS@もてもてラジ袋のぶたおさん、てっちゃんさんがもし信州に来られるようならお連れしようと思っていたのが、『三蔵呑み歩きからとりしん』というスーパーコンボだ。

 

その日の特別列車も出るし、お酒好きな大柄のみんなは、是非ともコンボをキメに信州に遊びに来て欲しい。とってもおすすめだ。その日はすごく混んでいるとは思うけれども・・・

 

 

火曜定休
1800-2300 
 
信濃大町駅より徒歩2分 
 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、締めは並行企画の
半年で腕立て伏せ100回への道
 
企画説明はこちらから

『大柄の門』企画説明 - 抱きしめ合ったら脇汗


 
 
計測7回目。前回は35回。
 

www.youtube.com


【結果】


前回の体重 63.4kg (8/12)
今回の体重 62.4kg (8/26)


〔目標体重まであと1.4kg〕
 
前回の腕立て伏せ 35回
今回の腕立て伏せ 42回  +7


〔100回まであと58回〕
 


よっし!伸びた!12月24日の期限までがんばる!!!
 
 
次回、第七の門へ…

 

 

【第五の門】夜来香

 

 

信濃の国のどこか。

その門をくぐって、帰ってきた大柄は、いない。

月に二度だけ現れる大柄の門…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第五の門をくぐりに、長野県は長野市にやってきた。

 

お目当ては、第三の門に続き、またもや唐揚げだ。

 

長野県は、別に鶏の産地ではない。

だが、やきとりの消費量日本一もまた、鶏の産地ではない青森県なわけだし、信州に唐揚げの名店が多くたっていいのである。

 

僕は勝手に(唐揚げを食べずして長野県を語って欲しくない!)とさえ思っている。

 

その大きな理由の一つが、信州唐揚げ界のレジェンド『みや川』の存在だ。

 

惜しまれつつも閉店してしまった無念は、昨年のこのブログでも書いたので、是非読んで欲しいのだけれど、

otoshita.hateblo.jp

レジェンドの唐揚げは、とにかくデカかったの一言に尽きる。

 

ドラッグの快感は一度体験してしまえば最後、と言われるのと多分同じだと思う。あのデカさを体験してしまえば、普通の唐揚げにはもう・・・

 

それからというもの、僕はデカい唐揚げを探して、信濃の国を彷徨った。

 

そうして見つけたのが今回の、第五の門『夜来香』だ。いえらいしゃん、と読む。各地のスナックにありそうな名前だが、中華屋である。

 

…中華屋なはずである。赤いのれんにだって、ちゃんと書いてある。

が、看板をよく見て欲しい。

f:id:otoshita:20170808212103j:plain

 

(え?とんかつ?)

 

そしてふと見上げるとそこには!

f:id:otoshita:20170808212217j:plain

とんかつの店!?そうなの?どっちなの?

 

と、首を捻りながら店内に入り、メニューをパラパラとめくる。

(おい…なにかが起きているぞ…)

消されたとんかつメニューの数がハンパじゃない!

f:id:otoshita:20170808212458j:plain

 

ジェイソン・ボーンに裏をかかれたCIA本部みたいな気持ちだ。

「おい!一体どうなってる!誰か説明できるやつはおらんのか!!!」

と。

 

仮にこの時の僕が、CIA諜報員だとするならば、ジェイソンボーンは、この店のオヤジだ。ボーンが、ありきたりな唐揚げなど出すはずもなかったのだが、

 

「はい、唐揚げ定食ですー」

 

と出された、ランチ唐揚げ定食800円を見た瞬間、またもやCIAの僕は耳に仕込んだマイクに(Shit!やられた!大至急応援要員を現場へ急行させてくれ!大至急だ!!)と伝えずにはいられないほどのシロモノが、これだ。

f:id:otoshita:20170808214317j:plain

 

レジェンド「みや川」ほどはデカくないが、、、成人男性である僕のこぶしとの比較でも引けを取らない。

f:id:otoshita:20170808214404j:plain

みや川が、ソフトボールの3号球とすると、この夜来香はソフトボールの1号球だ。

箸で持つ手への重みに、思わず胸がトキめく。

f:id:otoshita:20170808214725j:plain

 

ちなみにこの日は、還暦を過ぎてはいる父親に唐揚げ定食を注文させた。

年齢はいっているが彼は大柄の大工であり、食は決して細くない。

しかし・・・彼はなんと唐揚げ8つのうち2つしか食えない有様であった!

女子なら5人くらいで分けて食っても空腹が満たせそうな破壊力はありそうだし、無理もないのかもしれない。

 

ちなみに僕も、まだ完食はしたことがない。

なぜかというと、残った唐揚げを持ち帰る用のパックを、ちゃんと用意してくれてあるからだ。これは何気に嬉しい。(このくらいの鶏肉がなんだ!無理すればいけないこともない!フンガー!)と、胃を凌辱するかの如く修羅に走らなくとも、腹八分目でやめて、お土産にすれば良い。実に大人になったと実感する瞬間だ。

f:id:otoshita:20170808215528j:plain

 

 

ちなみに、ここまで黙っていたが、唐揚げは味付けが選べる。にんにく味と、しょうが味。

これは、すごく珍しいと思う。そして素晴らしい。

 

他の800円ランチにも唐揚げ級のモノがあるかもしれないのだが、いつもつい、唐揚げばかり注文してしまう。

f:id:otoshita:20170808220039j:plain

 

 

 

基本的にメニューの感じは、中華屋なんだよなぁ…

f:id:otoshita:20170808220554j:plain

f:id:otoshita:20170808220557j:plain

 

夜になると、唐揚げ定食の値段が800円から1030円に値上がりするので、ランチがオススメです。

 

僕より早く、この店の隠れてる大柄メシを発掘した方は、是非教えてくださいね。

 

(2017年現在)

水曜定休

1130-1400

1700-2100 

 

川中島駅より徒歩20分 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、締めは並行企画の

半年で腕立て伏せ100回への道

 

企画説明はこちらから

『大柄の門』企画説明 - 抱きしめ合ったら脇汗

 

 

計測6回目。前回は32回。いくぞー

youtu.be

 

【結果】

前回の体重 63.1kg(7/21)

今回の体重 63.4kg(8/12) +0.3

〔目標体重まであと2.4kg〕

 

前回の腕立て伏せ 32回

今回の腕立て伏せ 35回  +3

〔100回まであと65回〕

 

回数は3回だけ増えた…

ついでに体重もどんどん増えてきている!ごはんが美味しい!どうしよう!大柄になる!医者から大柄禁止令が出てるのに!!(本当)

体重が増えると腕立て伏せは不利になっていく…

 

 

次回、第六の門へ…

 

 

 

【第四の門】うしお

 

信濃の国のどこか。

その門をくぐって、帰ってきた大柄はいない。

月に二度だけ現れる大柄の門…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第四の門をくぐりに、長野県は伊那市にやってきた。

 

お目当ては、ローメン。皆さんご存知だろうか。

ここ、長野県において、伊那市という場所でのみ盛んな食べ物である。

 

生まれも育ちも長野県の僕でも、大人になるまでぜんぜん知らなかったくらいの、

超絶ご当地モノだ。

 

この、ローメンという食べ物は、一応B級グルメとして世に出そうとしているが、

広まらない。全然広まらない。

 

なぜかというと、理由はその独特な味わい。

まず、マトン肉を使っている。その時点で、北海道出身者でもない限り、

全員が喜んで食べられるものからは除外されてしまう。

 

ただ、「ローメンって、何?ジャンルは?」と聞かれれば、

「んー。焼きそば?」と答えるほかない。

そう、日本人で嫌いな食べ物に挙げる人の方が珍しい、子供から大人まで愛されるでおなじみの『焼きそば』なのだ!

 

焼きそばなんて、ある程度いじったってウマい。塩焼きそばだろうが、海鮮を入れようが、辛くしようが、焼きそばはウマイものなはずである。

 

そんな万人LOVEフードである『焼きそば』という保守的なジャンルなのに、マトンという過激的な肉のチョイスをした事を、僕はあえて褒め称えたい。なんともいえない先駆者のスピリッツを感じる。山ほど敬遠する人は出るが、マニアは大喜びなはずだ。

 

伊那市ローメンを出す店の中には、マトンではなく豚肉を使う店もあるのだが、別にマトンマニアでない僕から見ても、(それはもはやローメンなのか?)と思ってしまうこともある。

 

しかし、ローメンの特徴は、マトンだけではないのだ。

これもかなり独特なのだけれど、麺がかなり太く、なおかつ蒸してから炒めているので歯ごたえがなんとも不思議な感じの焼きそばに仕上がっているのだ。

 

説明ばかりしていても仕方ないので、とりあえずご覧ください。

今回のお目当てのお店。『うしお』の、ローメン

並盛?まさか。大盛?まだまだ。その上の、超?もう一声!

ということで、超々(ちょうちょう、と読む)が、これだ。

 f:id:otoshita:20170721191611j:plain

上に乗っているのが、マトン肉。

まわりのキャベツは、かなり柔らかく仕上がっていて、麺と一体化してウマイ!

 

グワシと箸で持ち上げる。

f:id:otoshita:20170721191624j:plain

たっぷりのボリュームではある。

だが、大柄の皆様ならあっという間に底が見える量だ。

f:id:otoshita:20170721191651j:plain

 

ランクが、「超々」なんていう大げさな感じだからビクビクしながら注文すると、

なんていうことはない。うしおのローメンは一体感があってウマイので、食べ切れてしまうはずだ。

 

だからといって(もの足りないな・・・)と感じる大柄の皆様は、落胆しないで欲しい。

2013年に来た時は無かったメニューだが、その後、超々を超える『無茶盛』というハイクラスが登場したのだ。

 

メニューからすると、数人で分けるような量らしいのだが…

f:id:otoshita:20170721191800j:plain

 

無茶盛 は、まだ未見。

誰かに一緒についてきてもらわないと、不安で注文できない…

値段も2050円という、ランチの麺類としては、かなり高めなのもあるけれど。

そんな弱い自分に、毎度奥歯を噛みしめている。

 

 

ちなみに、消費税の影響などで、

うしおのメニューは2年おきに来るたびに高くなっている。

 

2013年に来た時の『超々』は、850円だった。並盛は530円。無茶盛はまだなかった。

2015年時の『超々』は、880円に。並盛は510円となぜか安くなり、無茶盛が1667円で登場。

そして今回、

2017年には『超々』が一気に1050円に!並盛620円、無茶盛は2050円となった。

 

2013年からの4年間で、200円の値上げだ。

世の皆さんの時給も比例して上がっていることを願うばかりである。。。

 

 

 

 

 

 

(2013年のメニュー)

f:id:otoshita:20170721191733j:plain

 

 

(2015年のメニュー)

f:id:otoshita:20170721191724j:plain

 

 

 

(2017年現在のメニュー)

f:id:otoshita:20170721191800j:plain

 

 

 

ローメンの説明)

f:id:otoshita:20170721191814j:plain

 

 

 

値上げはしたものの、うしおは人気店だ。

今回も平日のお昼なのに、開店前に行列ができていて、開店同時にゾロゾロ店内に人がなだれ込み、あっという間に満席になりそうなほどに。

f:id:otoshita:20170721191746j:plain

 

f:id:otoshita:20170721191705j:plain

 

 

ごちそうさまでした。

ちなみに、いままで黙っていたけれどローメンの食べ方は、自分でにんにくすりおろしを投入したり、ソースを足したり酢を足したり、七味をかけたりと、自分で好みのカスタマイズをするスタイルだ。

 

更に、実はローメンには『スープタイプ』というものも存在する。

「うしお」は焼きそばタイプだが、例えば「萬里」といううしおの近所にあるローメンの有名店は、スープタイプで、こんな感じだ。

 f:id:otoshita:20170721194755j:plain

このタイプのローメンも、うまい。

 

「うしお」も「萬里」も、伊那市駅から歩いていけるので、電車の方は両方食べてみることが可能だ。 

車で来る人も、「いなっせ」というビルの駐車場が1時間無料な上に、「うしお」のすぐ前にあるから、これまた安心して両方食べ比べに行ってみて欲しい。

 

あともし、スープタイプのを、がっっつり食べたい!という大柄は、

車でしか行けないけど、「華蔵」というお店が超々のサイズを出している。

はしごして食ってきたのが、これだ。すり鉢!

f:id:otoshita:20170721195555j:plain

 

上から撮ると、全然伝わらないが、うしおの超々より確実に多い。

f:id:otoshita:20170721195609j:plain

 

 

持ち上げる箸の重みが…

f:id:otoshita:20170721195625j:plain

 

華蔵のローメン

1人前 700円

2人前 900円 (超大盛)

3人前 1000円 (超々)

7人前 4200円 

という、7人前で「え?急に?」とツッコミを入れずにはいられないような、なんだかよく分からない値段設定になっていておもしろい。

 

 

ちなみに、7人前は、チャレンジ型なので、自信のある大柄は挑んでみてはいかがだろうか。(チャレンジ賞金5000円30分以内)

f:id:otoshita:20170721200241j:plain

胃薬は持参すべしだそうだ…

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、締めは並行企画の

半年で腕立て伏せ100回への道

 

企画説明はこちらから↓

『大柄の門』企画説明 - 抱きしめ合ったら脇汗

 

 

 

計測5回目。前回は32回。いくぞー!

youtu.be

 

【結果】

前回の体重 61.9kg(7/9)

今回の体重 63.1kg(7/21) +1.2kg 〔目標体重まであと2.2kg〕

 

前回の腕立て伏せ 32回

今回の腕立て伏せ 32回 ±0 〔目標回数まであと68回〕

 

 

ふ、太った!!!さすがにローメン食いすぎたか!?

そして回数もまったく増えてない!

 

うう…これはちょっと、日々のトレーニングを見直さないといけない。

次回は必ず増やすぞ!体重じゃなくて回数を!!

 

 

 

次回、第五の門へ…

 

 

 

 

 

【第三の門】壱番

 

 

信濃の国のどこか。

その門をくぐって、帰ってきた大柄はいない。

月に二度だけ現れる大柄の門…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第三の門をくぐりに、長野県は小諸市にやってきた。

店の名前は、『壱番』

せっかく壱番という名前なのに、なぜ紹介するのを三番目にしてしまったのかだけが悔やまれるが、

そんな小ネタなど全力で吹き飛ばすほどの大柄パワーを、この店は秘めている。

 

外観はいたって地味だ。

パチンコ店の横に、ちんまりと。縁側でおちゃを飲むおばあちゃんの如く、あくまでちんまりと鎮座しているのが、お分かりいただけるかと思う。

f:id:otoshita:20170705132849j:plain

 

しかし、この血に染まった紅の暖簾をくぐると、修羅が待っている。

f:id:otoshita:20170705132908j:plain

営業時間は写真の通り。

 ---------------------------

AM11:30➡PM2:00

ーー休  憩ーー

PM5:30➡PM9:00

毎水曜定休

By 壱番

 ---------------------------

 

By 壱番

英語である。

唐突であり、実にさりげなく英語を使用する中華屋なのだ。ということが、店に入る前からの情報でうかがい知れる。

 

 

カウンターと、小上がり3つ、テーブル1つほどの狭い店内は、今日もお客さんでパンパンだ。早速メニューを。

f:id:otoshita:20170705132911j:plain

一応メニューは見るのだけれど、注文するメニューは、既に決まっている。

むしろ前世から決まっている。

これだけが目的で、毎回食べに来るのだ。

 

唐揚げ定食 950円 である。

(素朴な街の中華屋の唐揚げ定食にしては、ちょっと高めなのね?)

と感じる大柄もいらっしゃることでしょう。

 

ご安心ください大柄の皆様。現物を実際に目で確認さえすれば、ブッダの如く心が満たされ、平和な心持ちとなり「ひと口ちょうだい?」勢に対しても穏やかな気持ちで慈悲(唐揚げひと口)を与えられることでしょう。

 

 

「すみません、唐揚げ定食ください」

『はい、唐揚げ定食ね、唐揚げひとつー!』

 

 

と注文を終えてから、唐揚げ界のメテオが目の前に登場するまでにも、楽しむことがある。それは、店のおっちゃんおばちゃんの、口喧嘩である。夫婦なのかは聞いてないから分からないが、ぶちぶちと文句を言い合うのが二人のコミュニケーションなのだと、勝手に理解している。

 

ある時、カウンター越しによく見える狭い厨房内で激しくぶつかって、おっちゃんが盛り付けようとした唐揚げをひとつ床に落としてしまった。その時のおっちゃんの、あの睨み付け方はハンパじゃなかった。高校生になって初めてのアルバイトであの睨まれ方をしたら、一瞬で世間の厳しさを知れるくらいには恐ろしかった。

 

しかし、睨まれる側のおばちゃんも、遠くから先輩を見つめてハンカチーフをもじもじさせていた、ウブな女学生だった頃とは年季がぜんぜん違うので、睨みなどまったく意に介さず。

 

そんな風に、一旦のんびりとした気持ちになるが、唐揚げの登場で夢から醒める。

「はい、唐揚げね」

ドン

f:id:otoshita:20170705132913j:plain

多分、なにも伝わってはいない。

黒澤明でも、この迫力は映像では再現できまい。

唐揚げのうしろにはてんこ盛りのキャベツがあることも。

手前のこのご飯の盛りようも。

 

 

斜め上から、アップ気味に見てみよう。

f:id:otoshita:20170705132916j:plain

この高さ。

真横からの撮影じゃなく、斜め上からで、この高さが出てることに関して、よく考えてみてほしい。ここのおばちゃんはバランス感覚が優れているようで、こんな隙間だらけの唐揚げテトリスタワーを一度も崩すことなく、テーブルに運び続けるのだ。

 

 

では、タワーをくずして、広げてみよう。

f:id:otoshita:20170705132926j:plain

パーティ?

今日は唐揚げパーティの日なの?いいえ違います。

あなた一人で食べるんです。

逆に言えば、あなたが一人で食べていいんです。

数にして毎回17~18個ほどの、この唐揚げを。

 

 

「ガブリ、ガブリ」と食べ進める。うまい。

途中、たっぷりつけてくれてある、和からしなんかを塗りたくりながら、またひとつ、ガブリ、ガブリと。

f:id:otoshita:20170705132931j:plain

肉はもも肉だ。僕は胸肉の唐揚げが好みだけど、ここに来ると好みとか関係なくなってしまう。全然気にしない。気にするのは、(今日も完食できるのかどうか)だけだ。

 

壱番の唐揚げ定食は、大柄の登竜門だと勝手に思っている。

 

大柄には二種類いると思う。食べる大柄と、食べられない大柄。

運動しない勢に、食べられない大柄が多いような気がするし、実際に以前、壱番に一緒に来た『運動しない大柄』は、ここの唐揚げを残しまくった。

 

その残した唐揚げを、自分の唐揚げ定食を完食した後の、小柄な僕が食べた。

その大柄と僕の体重差は、50kg以上あった。

世の中には、食べられない大柄もいれば、食べる小柄もいるんだと、勉強になった。

 

 

僕は、ここの唐揚げ定食を完食できなくなったら、引退しようと思う。

何から引退なのかはサッパリ分からないけれど、とにかく二度と、「けっこう食べる方です」とは口にしない。決して。ネバーだ。

 

 

だが、引退は、まだ先になりそうだ。

f:id:otoshita:20170705132932j:plain

 

ということで、これをご覧の大柄の皆様も、引退をかけて、是非信州にお出かけくださいましね。

 

 

最後に。

・ここの冷やし中華大盛りも半端じゃない

・「味噌ラーメン。大盛で」と注文した青年が、おばちゃんに「あっ?大盛?入らない!入らない!」(たぶん器にという意味)と言われているのを見たことがある

・ここの最も高いメニューである、かつカレーライス1150円を注文してる人をまだ見た事がない

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて締めは並行企画

腕立て100回への道

 

企画説明はこちらから↓

otoshita.hateblo.jp

 

 

計測4回目!前回は30回。いくぞっ

 

youtu.be

【結果】

前回の体重 61.4kg(6/24)

今回の体重 61.9kg(7/8)  +0.5

 

前回の腕立て 30回

今回の腕立て 32回     +2

 

 良かった。少しだけ増えた。

ただ、12月までに100回は、ぜんっぜん間に合わないペース!!まずいぞ!

 

 

次回、第四の門へ・・・

 

 

 

【第二の門】刀屋

 

 

信濃の國のどこか。

その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。

月に二度だけ現れる大柄の門…

 

---------------------------------------------------------------

 

 

第二の門をくぐるべく、長野県は上田市にやってきた。

 

せっかく信州の企画なので、今回はお蕎麦だ。

県外客はもちろん、上田の人たちも愛してやまない老舗、刀屋さんへ。

 

愛されているということは、やはりいつも混んでる。

JR上田駅からも歩いて10分足らずと近いので、電車で来る方は問題ないけれど、車だと駐車場に入れるかどうかは、運だ。

 

休日だと運が良くないと入れない上に、店の前の行列を見て戦意喪失するパターンも多い。時間帯を工夫して、なるべく平日に行くのがオススメだ。

 

香川県のうどん文化は、朝から昼にかけてがメインだ。

夜にやっている店はかなり少なくて、高松市の繁華街がそのほとんど。

 

長野県の蕎麦文化も少し似ていて、昼がメイン。朝はやってないし、夕方までしか営業していない店がかなり多い。しかも、夜やっている蕎麦屋が、県庁所在地である長野市の繁華街に多いかといえばそうでもないので、快適に美味しい蕎麦にありつくことには、意外に難易度があると思う。

 

蕎麦をあちこち食べ歩いた方はご存知だろうけれど、地域や店によって全然違うっていうのが、蕎麦の面白さのひとつだと思う。

 

長野県の中でも、全然違う。

あくまで個人的な印象だと、上田あたりの東信(信州の東側)地域は、太めのごわごわ系で、ワシワシと食べるような店が多い気がする。それはきっと、この刀屋さんの印象があまりに強いせいだ。

 

しかもここは、蕎麦の盛りがすごい。

メニューから見ていこう。

もりそば(小)→(中)→(普)→(大)の順に並んでいる。

つまり中と大、その間が、この店の普通なのだ。

f:id:otoshita:20170622131940j:plain

 

 

そして、肝心の盛りの良さについては、この訪問日に僕の周りで実際に交わされた、店員さんとお客さんのやりとりを聞いてもらえれば、なんとなく伝わるかもしれない。

 

【ケース1】

女性客「えっと…もりそばの普通ください」

店員「普通はすごく多いんです。東京の感覚で言えばうちの(小)が普通、中だとその2倍くらいで。普通だと多すぎて女性の方は食べられないことが多いです」

女性客「あっ…じゃあ、小にします」

 

はい、出ました。『普通はすごく多いんです』

日本語の意味がよく分からなくなる、この感じにゾクゾクしてきませんか!?

 

 

【ケース2】

男性客「もりそば大盛りで」

店員「うちの大盛りを召し上がったことはありますか?」

男性客「いえ、ないですけど、アレですよね?」(別テーブルのもりそばを指さす)

店員「あれは普通です」

男性客「えっ!?」

 

 

『あれは普通です』「えっ!?」

このやりとりで分かることは、この店は『普通』という概念を、完全にブッ壊しにかかっているということ。

 

そんな、もりそばの持つ普通に対するアンチテーゼな普通盛りが、これだ。

f:id:otoshita:20170622133931j:plain高い!実に高いぞ!ここの普通は、650gほどあるそうだ。この量でもり蕎麦700円はかなり安い!

小食の女子なら3人くらいで食えそうである。

 

グワシと持ち上げてみると、

f:id:otoshita:20170622133937j:plain

(光を強くしすぎてあまり旨そうに撮影できなかったけど実物は旨そうなのでご安心を)

重い!指への重量のかかり方が全然普通じゃない。

 

さっそく、いただきます。

いつも盛りそばなので、今回は味噌と出汁につけて食べる「真田そば」を注文してみた。

f:id:otoshita:20170622133947j:plain

ふんふん。美味しい。でもいつものそばつゆの方がやっぱり好みかな?

麺は相変わらずワシワシと豪快だ。

 

 

ちなみに、大盛りも、もちろん食べたことはあるが、断言しよう。

大柄の期待、裏切りません。

この普通盛りの倍くらいの高さがあり、重量は1kgほど!

 

信州の美味しい水で作る、打ち立て手打ちそばをキロで食って、900円ポッキリ内税。そりゃ混むわけだよなぁ。

 

蕎麦って、ある程度のレベルから上になれば、優劣というよりは、完全に「好み」の世界になってくると思う。だから東京あたりで食う、『確かにすごくウマイんだけど、隙間からせいろが見える程しか蕎麦が乗っていない1000円越えの蕎麦』と比較してみたならば、大柄ならば刀屋のもり蕎麦の方にに心躍ってくれるはずだ、と信じたい。

 

これをご覧の大柄の皆様。信州に遊びに来て(せっかくだから信州っぽいものが食いたいなぁ)という気持ちになったら、この大柄の門を是非くぐってから、お帰りくださいましね。

 

 

2017年5月訪問時のデータ

刀屋

11~17

日休

P有

JR上田駅から徒歩9分

 

------------------------------------------------------------------------

 

さて、締めは並行企画

『腕立て100回への道』

詳細はこちら

 

 

計測3回目!前回は30回!いくぞ!

 

youtu.be

【結果】

前回の体重 62.6kg (6/9)

今回の体重 61.4kg (6/24) -1.2kg

 

前回の腕立て 30回

今回の腕立て 30回 ±0回

 

ぐっ!3回目にして早くも足踏みか!!

えらいことだぞこれは…

 

 次回、第三の門へ・・・

 

 

 

【第一の門】食事処 和

 

 

 

信濃の國のどこか。

その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。

月に二度だけ現れる大柄の門…

 

-------------------

 

 

第一の門をくぐりに松本市にやってきた。

松本市といえば…

 

松本サリン事件である。なにしろ平成6年のことだから平成生まれにピンと来るはずはない。だが、僕が未だに河野さんの顔を思い出せるほどに、被害者の顔がテレビに出まくっていたあの冤罪っぷり。小学生だった当時の僕でさえ、サリンという劇物と同等、もしくはそれ以上に冤罪というものが、うすら恐ろしかった印象がある。

 

 

 

…はっ!これからウマイ食いものの話をするのに、サリンの話をしてしまった!これでもし今回の食事がカレーだったら、サリンという劇物から同じ劇物であるヒ素を連想して、うっかりあの事件が脳裏をよぎる最悪の展開になってしまうではないか。

 

 

ご安心あれ。今回は、カレーではない。

そもそも信州には、うまいものがたくさんあるのだ。まずはイナゴの佃煮、蜂の子、蚕、そしてザザ虫…はっ!今このブログを閲覧している9割以上の人の食欲が減退しているのが、オレのまぶたの裏内蔵の食欲スカウターに数値化されて見えたっ!!

 

 

 

…ということで。

 

よくぞここまで残った、勇者たちよ。

私と共にゆこう。

行先は、食事処 和 だ。

 

この店の名を一発で読める人間はいない。

かず?

なごみ?

まさか、わ?

 

フッフッ…ノンノン…まだまだ太刀筋が甘いぞ勇者たちよ。

か・の・う、と読むのだ。

すごいだろう。おそらく「日暮里」なんかよりも遥かに正解率低いぞこれは。

f:id:otoshita:20170526151854j:plain

どういうお店か簡潔に説明するならば、全国の地方大学のそばにありがちな、学生の味方系だ。ちなみにこの近くには信州大学の松本キャンパスがある。

 

もちろん学生だけじゃなく、サラリーマンや、肉体労働系、そして僕みたいな食べるの大好きっ子も当然行くので、駐車場が欲しいところである。

 

和には駐車場、あります。

ただ…デカい、または車体の長い車はヤメた方がいいかもしれない。中に入ったあとの取り回しもさることながら、入り口を見て欲しい。

f:id:otoshita:20170526151723j:plain

狭さが伝わらない…

 

が、この右側のレンガの壁が、妙に新しい理由はなんだろう…ネクストコナンズヒントである。

 

紹介した身としてはやはり、是非とも美味しく食べて欲しいのだ。ローンの残る愛車の、サイドミラーが粉砕した後に食べるご飯は、おそらく味がしないから気を付けて欲しい。

 

 

 

ガラガラ…引き戸を開け中に入る。

 

この店のシステムは、ほぼセルフサービスと思っておけば大丈夫だ。

なにしろここは、決して元気ハツラツじゃないタイプの、大人しそうなおばあちゃんと、耳の遠いおじいちゃんの店だからだ。

 

さあ、入って正面にある水をセルフで湯のみに注ぎつつ、

f:id:otoshita:20170526234405j:plain

 

 

壁のメニューを物色していこう!

f:id:otoshita:20170526234222j:plain

 

どうです、なんだか嬉しくなりませんか?

ワクワクしてきませんか?

ほとんどのメニューが、500〜600円台

もちろん税込みだ。

 

最安の500円だけでも

・チキンカツ定食

・メンチカツ定食

・コロッケ定食

・玉子丼

・チャーハン

・カレーライス

を食べることができ、50円追加するだけで

・A定食(若鳥とコーンコロッケ)

・魚のからあげ定食

さらに50円追加、600円出すと

・B定食(若鳥味噌焼とメンチカツ)

・野菜炒め定食

・親子丼

・メンチカレー

と、ワクワクが加速し、650円も出そうものなら

・若鳥からあげ定食

・ミックス定食

・焼肉定食

・ハンバーグ定食

と、50円ごとに、選択肢がガンガン増えていく。

それに比例して、幸せな気持ちもグングン上がっていくシステムだ。

 

一番高いメニューでも、とんかつ定食・カツカレー・カツ丼の800円。

 

なぜか700円代のメニューはひとつもないから、650円を握り締めてお店に入れば、ほとんどのメニューから選べると思って間違いない。

 

うう…メニュー多くて迷う…

水を入れる間に決まらない場合は、こんな風に一旦席に座り、落ち着いて悩んでから、再び厨房まで行って声をかけるのもいいかもしれない。

f:id:otoshita:20170526173608j:plain

おばあちゃんが待ってる…

 

過去に二度来た時は

A定食(若鳥とコーンコロッケ)

B定食(若鳥味噌焼とメンチカツ)

を、それぞれ食べて大満足した。

 

外食の楽しみ方というのは、人それぞれあるが、僕は全メニューを食べて、その中からお気に入りを探していくのが好きだ。なので

 

(今回はA.B以外だな…)

と懊悩していたその時、脳裏にポンッと浮かんできたのは、前回来た時に、学生達が口々に注文していたメニュー。。

 

「すみません、チキンカツください」

「チキンカツお願い致します」

「じゃあ、うーん。チキンカツで」

 

(なるほど、チキンカツか…)

もう一度メニューを見る。チキンカツは最安の500円!

よし、今回はこれでいくぞ!

 

チラチラ様子を伺ってくれてるおばあちゃんのところまでテクテク歩いていき

「すみません、チキンカツ定食ください!」

 

 

はぁい

 

 

注文を無事に終えたので、再び席に戻り、落ち着いて周りを見渡していく。

 

なるほど、漫画の品揃えはいかにも年季の入った食堂らしい統一感の無さで味が出てるな…

f:id:otoshita:20170526235919j:plain

 

小上がりもあるから、前回は小さなお子様連れの家族連れもいたな…

f:id:otoshita:20170526235840j:plain

 

ほう、二階もあるのか。

f:id:otoshita:20170527000058j:plain

 

 

 

などと見ているうちに、それはやってきた。

「はい、チキンカツね」

 

 

第一の門、開門!

 

 

なっ…!まさかのカツ2段!!

f:id:otoshita:20170526235803j:plain

 

え?500円…だよね?コレ。

ちょっと角度を変えてみよう…

 

 

うん。間違いなく2段である。

f:id:otoshita:20170527000556j:plain

 

もし自分が、500円玉を渡されて「これで和食堂みたいなチキンカツ定食作って」

と依頼されたとしたら、ぜったい無理・・・作れる人いるのか?

 

こういう食堂にありがちな、付け合わせスパゲティも、このボリューム感。

伝わるだろうか・・・

f:id:otoshita:20170527001017j:plain

 

もちろんご飯は、大盛りではく普通でこれなので、大盛にしたらどこまでドラゴンボール盛りに近づくのか、いつか見てみたい。

 

たっぷり大容量のソースが各テーブルにドン!と鎮座しているので、こいつをカツにもキャベツにもタラーリとかけたら、ワッシワッシと食い進めてゆく!ちなみにウスターではない。とんかつでもない。たぶん中濃だ。

f:id:otoshita:20170527001326j:plain

 

ハイ、揚げたてのチキンカツをカリリと噛んだら

すぐさま飯をかきこんで、塩分を中和!

豆腐の味噌汁で口の中を潤したら、

キャベツで一旦リセット!

 

そんな定食コンボ食いが、旨くないわけがないのである。

サイコーだ。

福永法源の元信者たちなんかよりずっと、サイコーに違いない。

 

チキンカツを一枚食っても、まだあと一枚ある。

後半の一枚はこんな風にご飯にのっけて、チキンソースカツ丼にして食うのもアリだ。

f:id:otoshita:20170527002524j:plain

多幸感が全身を包む。

あぁ、500円の定食でこの満足感はなんだ。

1000円ポッキリで、これを丸ごとおかわりさえできてしまうのか…大柄の味方だぜ……

f:id:otoshita:20170527002635j:plain

ごちそうさまでした。お腹もいっぱいになったし、なんだか気持ちが満たされました。

 

そんな和食堂に対して、一つだけ不安要素がある。

それは、おじいちゃんおばあちゃんの年齢。誰か後継者がいればいいのだが、今のところその影はない。

 

昨年の記事でも書いた、惜しまれつつ閉店した巨大モンスターから揚げの名店「みや川」さんもそうだったが、こういう店はある日突然、まったなしで永遠に遠くに行ってしまうから、とっても寂しい思いをするのだ。

 

だから、もしこれを見て訪れる気になった皆さんは、なるべく早いうちに食べに行くことをオススメします。食事処 和でした。

 

2017年5月訪問時のデータ

食事処 和(かのう)

1100~1400

1700~2030

火休

P5程度

松本駅か北松本駅から徒歩30分程度(グーグルマップ調べ)

 

 -------------------

 

さて、最後は並行企画、肉体のコーナー。

前回(5月27日)の体重は63.8kg

今回(6月9日)の体重は…

f:id:otoshita:20170609164812j:plain

62.6kg

ちょっと減った!1.2kg減!

 

この調子なら12月までに61kg切れそうだがさて…

 

 

 

そして、腕立て100回への道!

計測2回目!うおおお!

youtu.be

 

 

 

 

 

え?プラス2回?たった?

 

遠っ…

100回、遠っ…

このペースだと半年で100回には到底届かないよ・・・?

プロテイン買うお金ないしなぁ…

 

 

次回、第二の門が開く…

 

 

 

『大柄の門』企画説明

 

 

信濃の國のどこか。

その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。

月に二度だけ現れる大柄の門…

 

 ---------------------------------------------------------------

 

◆2017『大柄の門』企画説明◆

 

来月、6月最初の偶数日曜日から始まる、大柄の門企画。

この企画には、2つの大きな目的がある。

 

1つ目は、「これを食ったら大柄になれる!」という、長野県下に無数に散らばる大柄メシに挑むことで『大柄の門』を開けること。

 

そして2つ目は…大柄にならずに戻ってくること!である。

しかも食うだけ食っておいて、ついでに引き締まった肉体さえ手に入れたい!!!

 

「おいおい…」という呆れた声が聞こえてきそうだが、そんな強欲な2017年を記していくドキュメント企画なのだ。

 

全ての門が開くのが、今年最後の偶数日曜日である、2017年12月24日。

それまでに達成すべきことは3つ。

①大柄の門をすべて開門

②体重を61kg未満まで落とす(僕のベスト体重が61kg)

自衛隊式腕立て伏せ100回達成

 

…順に説明して行こう。

 

①は比較的容易だ。食えばいいのだ。人間から食物ディスポーザーへとトランスフォームした僕が、ガッパガッパと胃に大柄メシを流し込んでいけば良い。ちなみに僕は大柄ではない。むしろ小柄な方だが、前世で飢え死にしたとみえて、小学生の頃から親に「いいかげんにしろ!」と止められるまで食事をやめることができなかった。そんな無茶な食べ方をするので当然お腹が痛くなり「だから言ったのに!バカ者!」と更に怒られながら、すくすく育った。

 

結果、成人する頃には【餃子1人前とラーメン7杯スープ飲み干し30分チャレンジ】なんかをクリアして、賞金5000円を獲得するような大人になってしまった。それはたしかに、前世で飢え死にした恨みを見事、晴らした形ではあった。

 

しかしその無理が祟ったのか、単純に肉体が老朽化したのか、最近は大柄の門など一切開門せず、「大盛りにしますか?無料でできますけど?」と定食屋のお姉さんに聞かれても「いえ、普通で…」なんて答える体たらく。ここらでもう一度…ロッキーバルボアのようにもう一度、立ち上がらなくてどうする俺!「くぐり抜けるんだ!パンチじゃない!大柄の門をだっ!!!」というミッキーの声が聞こえた…気がしたんだ……

 

 

さあ、お次。

②の『体重を61kg未満まで落とす』は、少しだけ難しい。

この文章を今まさに読んでいる皆様の中にも、太るのイージー痩せるのディフィカルトな「行きはよいよい帰りはこわい」的な体験をした方はいらっしゃると思う。

 

ここらで僕の肉体データを記していこう。

まず、1980年早生まれの37歳である。

そう…特に何もせずに生きてる基礎代謝だけでカロリーと相殺できる若さなど、とっくの昔に失っている!世は無常とはいえ、切ない。だから大柄メシを食ったら食っただけ、いや、食った以上に大柄になる。

 

もし、小柄な僕が大柄になると一体どうなるか。

 

実は数年前にうっかり57kg→77kgと、20㎏も肥えてしまい、パイナップル型手榴弾そっくりになった。( 各自検索してみて欲しい)

 

そんな歪んだ大柄ロードをひた走っている事には、うすうすは気づいていた。だから体重計は乗らないようにしたし、鏡の前では角度をキメ、お腹を引っ込めることで「…大丈夫!」と言い聞かせたが、もちろん全然大丈夫じゃなかった。ある朝、意を決し、鏡の前に立ち、体中を弛緩させ、まじまじと裸の己を見た時の気持ちは…

 

痛恨。

 

としか言いようがなかった。身長162cmしかないのに77kgはさすがにまずかった。その頃常食していた、安くておなか一杯になる業務スーパーの冷凍コロッケシリーズと、ココアピーナッツを恨んだが、遅かった。

 

健康診断の数値はもれなく全てが急上昇した。ついでに両膝も悪い僕は「太るな」と主治医から言いつけられていたから、内緒にしてた。だが、やはり20kgも増えたのでバレた。

 

30代男子のテヘペロは、50代男子である主治医には全く通用せず「痩せなさい」と冷徹に言われた僕は、泣きながらプールに通い、たっぷり2年もかけて元の体重に戻した。

(体重を戻したついでに、ろくに泳げなかったクロールは習得したが)

 

だからこの企画は、プール通いと並行して行うことに決めた。

目標は、毎週2km、毎月8km泳ぐこと。

今年の12月までに61kgを無事切れますように・・・

ちなみに今日、5月27日現在の体重は

 

f:id:otoshita:20170528004651j:plain

63.8kgだった。。。あ、思ったより太っている…アレ?なんで?

 

ただ、この企画は毎日ドカドカ食うわけでないので、他の日の節制というか、胃がデカくなったことに甘んじずに、タガとかハメとかをはずさなければ、目標の達成はそこまでのハードルではないと思われる。

 

 

 

しかし。

しかしだ。問題は次。

何といってもこの3つ目の『自衛隊式腕立て伏せ100回達成』がヤバい。

自分が課した目標ではあるのだけれど、ぶっちゃけ早くも後悔している。

 

もしこれが、反動を使ったり、休んだり、片手を地面から離してぶらぶらさせたりと、曖昧に回数をこなすだけの腕立て伏せでいいなら、おそらく後悔などしない。

 

何か明確な基準がなくては、読んでくれる皆様に伝わりにくいし、価値も低くなると判断した結果の、苦渋の決断である。

 

ここでざっと、自衛隊式の腕立て伏せを説明しよう。

〇とにかく体の軸をまっすぐに保つ

〇手の位置は肩幅のあたり

〇足は閉じるか、肩幅までなら開けて良い

〇3秒に1回のペースを守る(連続でやらずにしっかり下げてしっかり上げる)

〇カウントは声を出す

【禁止】

×体を反らすまたはくの字にする

×反動を使う

×休む

×片手を地面から離してぶらぶら

 

といった感じだろうか。

本当は二人一組で、バディの手の甲にアゴをつけて1カウントだが、現在僕には腕立て伏せを一緒にやるバディがいない。(友達もろくにいないのに「腕立てバディ」だけはいる37歳を想像したら多少眩暈がした)

なのでバディの代わりに、手の甲くらいの高さの、2㎝ほどの厚さの木材を用意した。

 

百聞は一見にしかずなので、昼ごろ撮影した、今回の企画スタート時の記録をご覧いただきたい。マスクマンスタイルに関する質問は無用である。

youtu.be

ぐうぅぅ…死ぬ…

こ、これ…100回とかムリでは・・・??

 

キツい。すごくキツいぞこれ。。半年でホントに100回やるのか俺?

だいたい、過去に現役の陸上自衛官だった時ですら、100回なんてできた事ないのに…

 

でも目標50回とかにしちゃうと全然面白くないし…

やっぱ100回がんばるしか…

 

 (ちなみに動画の最後に一度、腰をクの字に曲げてますが、限界直前くらいなら大目にみてもらえます。基本まっすぐでやりますがんばる…)

 

 

皆さんも良かったら、このルールで何回できるのかお試しあれ。

 

 

ということで、

①大柄の門をくぐりつつ(たくさん食べて)

②門の中からちゃんと帰ってきて(太らず)

③お土産を持ってくる(腕立て100回達成)

 

という三本柱でやってまいります。

皆様とはこれからの半年のお付き合いになります。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

次回、6月最初の偶数日曜日(6/11)、第一の門が開く・・・

 

 

 

新シリーズ『大柄の門』来月開門!

 

 

信濃の國のどこか。

その門を一度くぐって、帰ってきた大柄はいない。

月に二度だけ現れる大柄の門…

 

 

 

ということで。

冬眠から目覚めた2017年の新シリーズは

『大柄の門』

 

ただ信州のウマいものを紹介していくよりも、

せっかくこのブログは【もてらじ村】という大柄集団(?)の末席を汚しているので、

食いしんぼう達の子宮をキュンキュン言わす方向で行こうと思うのです。

 

毎月偶数日曜に定期更新するので、月に二度のお楽しみ。

全15回(くらいに収めたい)シリーズもの。

 

 

昨年、長野県中の大柄達が閉店に涙した伊那市の名店「みや川」

その大柄達の涙、その他の水分で、県下最大の湖である諏訪湖の水位が上がったと言われるほどの《日本一のソフトボール型鶏胸から揚げ》

 


「その門はすでに開門しておりますじゃ。準備運動がてら、門の中に足を踏み入れるのも良いかもしれませんぞえ。ヒッヒッヒ…」

otoshita.hateblo.jp

 

 


ということで。

 

2017年6月の偶数日曜(6/11)から、ひとつずつ開門していきます!

皆さんどうぞよしなに、よしなに…

 

 

 

終わりは面白い

 

 

 

終わりは面白いのである。

 

森羅万象は『終わる』ところが、とってもイイ。

人間を含む、生きとし生けるものに、『変化』と『終わり』はつきものだ。

 

もし、終わりがなかったら、どうだろう。

 

『クライマックス』の無いハリウッドアクション映画。

『大団円』のないジャッキー映画。

『けり』が印籠を出しても全然つかない水戸黄門

『切り上げ』ることのない残業。

『終止符』を決してうたない安倍政権。

『オチ』のない吉本新喜劇

 

なんか、やっぱりどこか気持ちが悪いわけで。

 

映画や本などでよく『永遠の命』に固執したり執着する、強欲の果てみたいな人間がでてくるけれど、最後はだいたい叶わずに終わる。

例えば、とっても面白くて引き込まれた小説のラストが、

「・・・ということで、男は、めでたく永遠の命を経て、末永く、いや、文字通り永遠に幸せに暮らしましたとさ。おしまい」

で終わっていたら、きっと10人中10人が、

(な…なんだこの終わり方はああ!!ふっざけないでよおおおお!!!!)

と、本を床に叩きつけるはずである。

 

つまらぬ。

終わらないのは、実につまらない。

特に生き物。生命にとって、永遠とはまこと、ブサイクなものである。

 

人は死ぬから美しい、などとクサいことを言うつもりはないというか、自分でも気持ち悪くなっちゃうのでそんなこと言えないけれど、

 

『永遠に死なない人生の中で、人が日々、面白みを感じて生きること』は、とても難しいとは思う。

 

いつか命が尽きる。そう思うから、その逆算ができるのだ。

死から逆算する発想を持つことで、人の心は(幸せに生きるために残りをどう使うか)を真剣に考えることができるんだと思う。

 

真剣に考えれば、それでいいのだ。

答えは、百人百様でかまわないと思う。

 

死ぬちょっと前までの『将来』に希望を見出だすのもよし。

死期など不明であるから『現在』に重点を置いて日々の満足度を上げるのもよし。

真剣に考えた結果、考えるのをやめて何もしない。だって別によいのである。

 

人が考えて出した『その時の全力の答え』に無駄に茶々を入れる人は、ただの下衆に成り下がる。

 

たとえそれが(あなたのために良かれと思って)でもである。

人気ネットラジオ『もてらじ』でも取り上げられていたけれど、(あなたのために良かれと思って)発想は、すでに歪みが生じている可能性が高いからだ。免罪符として悪用するのにはもってこいの発想なので、よい子のみんなはやめようね。悪い子はとことん悪用して応用して、教祖か政治家にでもなろうね♥

 

 

なんだか話がよく分からない感じになってきてしまったが、

とどのつまり、僕は『終わり』を美しいと感じているということだろう。

ビューティフルである。実にトレビアンでモナムールでハラショーだ。

※発言はすべてフィーリングで言ってます

 

「さよなら」という言葉も、けっこう好きだし、ポジティブな意味で「死」を想うのも好きだ。むしろその、(終わるんだからその間どうしよっかなぁ♥ウフフ)という死生観のみで生きている節もある。

 

だからというわけでもないけれど、

今回の記事で、このブログはおしまい。終わりです。

 

冬季はお休みのブログだからです。

インターネット上のあちこちで、墓場みたいになってるホームページや、土に還らないプラスチックみたいになって落ちているネットラジオのようになるのは、できるだけ避けたいので、一旦、店じまいです。

 

また来年の春から、新たに趣向を変えて、もう1年だけこのブログ集団、もてらじ村に参加させていただこうかと思っております。村長(?)であるぶたおさんや、てっちゃん、他の村民の方々や、読んでくださる読者の皆様、2016年もお世話になりました。ありがとうございます。また来年、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ということで、地球も滅亡せず、僕も滅亡、または映画『カッコーの巣の上で』のラストのジャックニコルソンみたいになっておらずに無事であったならまた、2017年に。

ごきげんよう。

 

 

 

信州の温泉が面白い(小谷編)

 

 

外湯(日帰り入浴)の数が日本一の信州で、

タオル片手に、あちこち温泉を巡るのは何とも楽しいものなのである。

 

今回は信州の北西端に位置する、小谷村の温泉を紹介しようと思う。

小谷と書いて(おたり)と読む、北アルプスの麓の村である。

(ちなみに、『村』の数も長野県が一番多かったはず)

 

新潟県糸魚川市との県境にあり、平地は2%しかない。

2%だ。なんとインパクトのあるパーセンテージだろうか。

 

つまり、98%が斜面なのであるから、当然、自転車など使い物にならない。

ママチャリの普及率はほぼ0であろう。

ママチャリなんかで坂を一旦下ったら最後、登れない。ママチャリでヒルクライムができるか想像してもらえれば、分かっていただけるかと思う。北アルプスの麓の村の斜度をナメてはいけないのだ。

 

おまけに冬は豪雪地帯であるから、自転車どころか、自動車でさえ危険極まりない。

カーブとアップダウンしかない細い道しかない小谷では、4WDでなければ安心してスーパーに買い物も行けない。

 

タクシーなどは全国的に2WDしか生産してないので、高齢化著しいタクシードライバーのジイさん達は冬、後輪を雪でドリフトさせながら運転している。

いや、決して大げさではなく、本当である。

寿命が先か、スリップして谷底に落ちるのが先かという、実にスリリングな老後を過ごしている。

 

子供たちはというと、キャッチボールができない。

一旦パスボールをしたら最後、延々と転がり続けてどこかへ行ってしまうからだ。

 

急坂しかないので、歩く、という習慣もなく、ついでに熊も出たりして危ないので、学校へも基本的にバスを使う。結果、大自然に囲まれて育っているのにもかかわらず、肥満児の増加に歯止めがきかない。

 

そんな自然環境の過酷な村には、その代わりといって帳尻がとれるかは不明だが、温泉がいくつもある。

 

宿やホテルだけど利用ができる外湯も含めて、ざっと挙げると

 

1.小谷温泉 大湯元 山田旅館 ¥500

(成分が強くて、年に数回、湯治の高齢者が救急車で運ばれる)

2.小谷温泉 あつ湯 熱泉荘 ¥500

3.小谷温泉奥の湯 雨飾荘 ¥700

4.小谷温泉奥の湯 雨飾露天風呂 ¥0 (寸志)

5.姫川温泉 朝日荘 ¥600

6.姫川温泉 白馬荘 ¥500

7.姫川温泉 ホテル国富 翠泉閣 ¥1000

8.姫川温泉 瘡の湯 ¥600 (くさのゆ)

9.深山の湯 ¥620 (道の駅小谷内)

10.来馬温泉 ¥400 (くるまおんせん)

11.下里瀬温泉 ¥550 (サンテイン小谷内)

12.奥白馬温泉 ¥1000 (ホテルグリーンプラザ内)

13.若栗温泉 乗鞍荘 ¥600

14.若栗温泉 白馬アルプスホテル ¥800

15.栂池温泉 元湯 栂の森荘 ¥700

16.栂池温泉 栂の湯 ¥700

17.湯原温泉 猫鼻の湯 ¥500

 

あと、島温泉や、奉納温泉(ぶのう)というのもあるが、奉納は地震でお湯が止まり再開工事中、島はやってるかどうか不明。

 

とまあ、平地が2%で人口が3000人くらいしかいない割に、温泉はやたらあるのである。

個人的に一番贔屓にしているのは、10.の来馬温泉。

露天風呂は無くて、湯船も小さいのだけれど、空いているし、お湯がガンガンジャブジャブ流れる清潔感が好きだ。値段も¥400と良心的。

 

でも、『面白い』という意味では、ちょびっとパンチが弱い。

ということで、今日は別の温泉を一つを紹介して終わろうと思う。

 

5.『姫川温泉 朝日荘』である。

ここはすごい。

まずなんというか、こう、平成も28年も経ったのに、ここは平成なんかじゃない。

1.小谷温泉山田旅館なんかも、平成じゃない感で言えば同様なのだが、インパクトが違う。

 

フロントにお金を渡すと、出迎えてくれるものがある。

彼らである。

f:id:otoshita:20161005112246j:plain

怖い。そして、なぜだ。

f:id:otoshita:20161005112255j:plain

なにか、土地の伝統でもあるのか?ビックコミックで連載してた花園メリーゴーランド系のだったらどうしよう、ワクワクしちゃう…

 

 

そして、これも。最近あまり見なくなりましたよね。こういうの。

f:id:otoshita:20161005112307j:plain

平成の香りしないでしょう?

 

 

そして、お風呂に行こうとするが、館内が迷路である。

(露天もあるようだが、大浴場とはキッパリと別の場所にあるため、裸で移動などできない)

方向感覚のよくない人は、たどり着くのに苦労すること間違いなしだ。

 

 

階段をぐるぐると降りていく。

降りていくと・・・

 

なにこれ?岩?

f:id:otoshita:20161005112227j:plain

そう、階段の横から岩が飛び出てる。巨大なやつ。

よく見ると、岩に合わせて階段を作っている。なぜだ…?

f:id:otoshita:20161005112237j:plain

 

そして、ようやくたどり着いた脱衣所。

 



なんだこのだだっ広さは…そして階段の岩は、これか!!!これがはみ出たやつか!

f:id:otoshita:20161005123806j:plain

客は僕だけ。この広さと暗さ。どこかのワールドに迷い込んだ感が漂う。ん?岩の中に何か注意書きがあるぞ?

 

ほう・・・

f:id:otoshita:20161005124055j:plain

そう。

つまり、この大浴場は混浴なのだ。

 

そしてその混浴の内部が、これ。

 

やっぱり岩だ!しかも湯船のど真ん中に!あと写真じゃ全然伝わらないけど、昭和バブリー期の遺産っぽさがすごい!!!

f:id:otoshita:20161005112323j:plain

このどデカい規模と、老朽化と、観葉植物と、混浴。実際行ってみればわかります、この不思議な空間が。

 

向こう側に見えるドアが、女の脱衣所へ通ずるドアである。

(バブルの頃に、スケベ男女達が喜んで入浴していたのかなぁ)

と、ノスタルジーに浸ることができる。

 

もちろん、現在のスケベ男女達だって入浴すればいいが、この老朽化のインパクトにテンションの上がる女子は限られている気がするので注意しよう。初めての温泉デートには決して選んではいけない物件である。ただ、ある程度の関係になった後で、老朽化に耐えうる感性を持った彼女を連れてくると、最高に楽しいことも確かだ。れっきとした遺産巡りである。

 

館内も、掃除はしてるのだが、なんせどデカい建物なのと、遺産っぽさ、つまり老朽化による錆とかが当然あるので、プチ潔癖の人なんかはヒーヒー言う可能性もなくはない。むしろ大いにあるかもしれない。ちなみにさっきの混浴大浴場を上から見るとこんな感じ。すごいでしょう。

f:id:otoshita:20161005112438j:plain

 

 

いかがでしたか?

姫川温泉は、大糸線の平岩駅から歩いても来れます。

小谷の温泉の中で、駅から徒歩で来れるのは、姫川温泉くらいじゃないかなぁと思います。あ、もちろん、夜通し歩けばどの温泉にも行けますよ♥熊にはお気をつけて。

 

 

ということで、今日はこの辺にしておきます。

それではまた偶数の日曜日に。ごきげんよう。

 

 

 

 

 

信州の温泉が面白い(白馬編)

 

温泉は面白いのである。

 

まず、意外かもしれないが、実は温泉は、デートとしてかなり使える。

ただ、使い方は慎重にしないといけない。お化粧の問題や、髪の毛が乾く乾かない(長さ・ドライヤーの有無)などがあるので、初デートの午前中に連れていくなどしては絶対にダメである。しかし、ある程度の条件をクリアした後は、楽しいデートになる。湯船が別々なのに、だ。あとで紹介するが、混浴、というシステムもまだ存在するし、貸し切り風呂、というものも最近増えてきたので、お付き合いしている二人なら、貸し切りの露天風呂に一緒に入ったりすれば、一生の思い出になっちゃったりするかもしれない、というわけだ。

 

一旦、デートか離なれよう。興奮しちゃうし。

 

温泉の楽しみ方は、ざっくり分けて2種類あると思う。

1つは、温泉宿。

旅、料理、宿泊、温泉の幸福4点パッケージとしての楽しみ方。

そしてもう一つは、いわゆる外湯である。

 

ちなみに僕の住む信州は、この外湯の数で全国1位らしい。知らなかった。

 

温泉の数は北海道が1位なのだけれど、北海道の人に聞いたら、やはり外湯ではなくて、温泉宿に行って、宿泊客以外でも入浴できる時間に入りに行くスタイルがほとんどだそうだ。北海道の人2人に聞いたんだけれど、そもそも【外湯】という言葉を知らなかった。そのくらい一般的ではないということなのかもしれない。

 

そもそも外湯とは何か。

知らない人もいるだろう。だって温泉の数が日本一の北海道民が知らないんだし。

あれです、銭湯スタイルです。つまりは。

お湯が、水道水じゃなくて温泉。それだけのことです。

 

あ、足湯のことじゃないよ?確かに外にあるけれど。

ていうか足湯を知らない人もいますかね?あれですよ、噴出量の多い温泉なんかにありがちなんですけど、毎分すごい量リットルの温泉が出まくってて、あちこちに垂れ流しになるのももったいないので、靴下を脱いで足だけあったまれるようになっている場所があるんですよ。だいたい屋根つきで。それが、足湯。無料です。有料の足湯とか見たことないけど、あるのかな。

 

ちなみに信州のかなり新潟寄りに位置する、JR白馬駅というところの駅構内に足湯があるんですが、そこは24時間入れるんです。終電が22時半頃に去って、駅の電気がすべて消えてからも、駅とはくっついているけど入口が別なのもあって、ドアつき屋根つきで24時間温泉が流れてます。

 

なので、夏のシーズンの夜に行くと、次の日の朝早くに登山するために前ノリしてる人なんかが、その足湯の床とかに寝袋で寝てたりしてびっくりする。

(あっ…すみませーんお休みのところ)

と、そっとドアを閉めた後に気付く。

 

こんな公共の場で寝ないで!!!

その人の家じゃないんだし、こっちも堂々と入ればいいんだけれど、狭いから気になって足湯なんて楽しめないでしょもー。寝息スースーたてて床にシュラフで寝てる知らない男と、夜の密室で静寂に包まれて楽しい人などいない。え?いる?いないよね?

 

そもそも白馬駅は、登山への入口がいっぱいある最寄り駅なせいで、終電後は駅の大きなドアの真ん前にドーン!とテントを張って寝てる猛者もいる。さらに言えば、若い大学生の登山集団なんかは、テントさえ張らずに、駅の入口に横一列でズラーーーッ!とシュラフを並べて寝てたりする。なんだかよく分からないけど、シュールな光景である。

 

さて、信州の外湯は、そんな登山愛好家たちが下山後に疲れを癒すためにも、よく利用される。しかし、僕の経験則では、登山愛好家たちがワーッと押し寄せる夏休み前後の、登山道のある地域の外湯に行くことは、おすすめしない。

 

ただし逆に、山男たちの、むせかえるような男の臭いに性的興奮を覚えるという方は、むしろ狙うのはその時期その地域である。脱衣所に入った瞬間から酸っぱいフレーバーが充満してて、おちんちんがパンパンになること請け合いだ。湯船も、温泉に入ってるというよりは、『男汁』に浸かっている気分なので、至福であろう。なんといってもダシの量が違う。利尻昆布や、香川のいりこなんかより全然ダシが出てるはずだ。

 

スキー全盛期の冬も、同様の理由で、僕はスキー場近くの外湯には行かない。

ただ、面白い。白馬の冬なんかは近年、オーストラリア人が8割、ヨーロッパ1割、日本人1割くらい(本当です)の勢力図になっているので、温泉で白人の裸が見放題である。夜の露天で、暗闇の中ライトアップされた白人の胸毛を堪能するには事欠かない。

 

けれど、オージー女性の胸ならまだしも、オージー男性の胸毛に興味のない僕は、冬は白馬の温泉なんて行かないのである。

でも大丈夫、信州に外湯なんて山ほどあるのだ。それこそ日本一あるのだから。

 

ちなみに、僕の住んでる白馬・小谷というエリア。

この2つの小さな村の外湯を、思いつく限り挙げてみる。

 

今回は、白馬エリア。

1.かたくり温泉『十郎の湯』600円 

2.八方温泉『八方の湯』800円

3.八方温泉『第二郷の湯』600円

4.八方温泉『みみずくの湯』600円

5.八方温泉『おびなたの湯』600円

6.八方温泉『北尾根の湯』600円

7.塩の道温泉『倉下の湯』600円

8.塩の道温泉『岩岳の湯』600円

9.白馬姫川温泉『天神の湯』600円 (ハイランドホテル内)

10.みずばしょう温泉『古民家の湯』1000円 (ホテルシェラリゾート内)

 

現在は、消費税とともに値上がりして、だいたい600円が多い。そしてこれらの温泉には、共通チケットがあって、村のローソンなんかで買えるのだ。2000円で買うと、2500円分として使えるので、数人で行くとすぐにお得になる。あと100円引きのチケットが、無料であちこちに置いてあるので、行く人はその辺の駅ロータリーの案内所とか、タクシーの運転手にでももらうといい。

 

このほかにも、ホテルや温泉宿で入浴だけさせてくれるところがいくつかあるけれど面倒なので割愛。

 

人口が数千人しかいないのに、2桁以上の外湯は、多い方だろう。そして湯量があるので、ほとんどの外湯が、源泉かけ流しである。8と9だけタンク車で運んできて循環だったはずだ。

 

ということで、僕が人を連れていくなら、主に3択。

まず成分と色で選んでもらう。

1.『倉下の湯』

色が茶褐色で、(温泉入ってる気するわー)って味わいたいならここへ。白いタオルは茶色くなる。湯船は大きな露天風呂がドーンとあるだけのタイプだ。

 

2.『八方温泉みみずくの湯』

八方温泉は、アルカリが強い。ネットで調べてもらったら分かる。日本でもほとんどトップだ。「男の僕でも、入ってる最中から肌がスルスルとしてくるのが分かる」なんて言うと、女性はここを選んだりしがち。でも本当にスルスルしてくる。色は無色透明で無臭だけれど、成分は強い。その八方温泉の中でも、露天の景色と、値段と設備のバランスにより、みみずくの湯を選ぶことが多い。

 

そして最後は、成分ではなくて、景色重視。

3.『天神の湯』

ここは、ホテル内にあって夕方5時くらいまでしか入れないし、かけ流しでもないのだけれど、眺めが抜群なのだ。北アルプスが西側の山になるのだけれど、白馬の温泉のほとんどが、その西側に集中している。しかし唯一、東側の山際にあるのが、この天神の湯で、晴れていて北アルプス山頂付近(白馬槍ヶ岳・杓子岳・白馬岳・五竜岳など)が見える日は、ここの露天風呂にゲストを連れてくると感動してくれる。

 

とまあ、おすすめはこんな感じだ。

ちなみに足湯は3つあって(八方の湯の前・みみずくの湯より200m東・駅構内)、貸し切りできるところもある。カップルは貸し切りでいちゃいちゃすればいい。ただ興奮しすぎてセックスするのはやめときましょう。いや、別にいいのか?大声で迷惑かけなければ。その辺分からなくて不安なら、おっぱい吸うくらいにしとこうね。

 

最後に、白馬鑓ヶ岳の中腹にも温泉があることを紹介して終わりにする。

白馬岳から回って来ても、猿倉という登山口から山しても4時間以上 かかりやがるので、僕は唯一行ったことがない。

 

雲上温泉である。雲の上だ。だから御来光はもとより、星空なんかも露天風呂からドカーンと見えるらしい。すごい。標高日本一の天然湧出量らしい。毎分760リットルだ。すごい。

 

すごいけど、たぶん一生行けない。

 

 

 

ということで、今日はこの辺で。

次回は、小谷(おたり)編をやりたいと思います。

 

それではまた偶数の日曜日に。ごきげんよう。

 

 

 

f:id:otoshita:20160921224454j:plain(写真は白馬ではなく、山ノ内町地獄谷野猿公苑